1. 斉藤光学製作所 >
  2. ガラス事業部

私たちの強み~高品位ガラス基板研磨~

創業時から蓄積されたガラス基板研磨技術により高品位・高平坦両面加工を実現し、ガラス研磨に関する技術開発支援を行っております。

加工が困難な100µm以下の薄片基板やφ5㎜以下の小径基板の研磨加工にも対応いたします。

硝材の調達から成形、研磨、洗浄、検査まで社内一貫対応によりスピード感のある製造を確立しております。品質と精度を保証し、お客様の製品価値を高めるガラス基板を供給致します。

ガラス基板加工で対応可能なこと

平面研削ロータリー研削盤とダイヤモンド砥石によって、高精度に板厚を調整します。
切断ダイヤモンドカッターを用いたスクライビング&ブレイキングで、板材から所定の形状を切り出します。
外形研削芯取装置によって外径成形・面取り付与を行います。
ラップGC砥粒、アルミナ系砥粒を用いて迅速に形状精度を創り込みます。
ポリッシュ酸化セリウム砥粒による光学研磨仕上げだけではなく、CMPスラリーを用いた超高品位仕上げにも対応しております。
洗浄・検査各種洗浄液と超音波を用いて、ガラスにダメージを与えることなく高い清浄度を実現します。乾燥はIPAベーパ乾燥となります。
検査MIL規格に準拠し、ご要望の検査レベルに応じた外観検査を行います。

ガラス基板の加工プロセス

前加工工程

平面研削     

平面研削

Grinding

切断     

切断

Cleavage

外形研削     

外形研削

O.D.grinding

表面仕上

ラップ     

ラップ

Lapping

ポリッシュ     

ポリッシュ

Polishing

洗浄     

洗浄

Cleaning

検査     

検査

Inspection

ガラス基板の研磨加工実績

測量器用ガラスGlass for surveying instruments
石英研磨基板Polished Silica glass substrate
光学用セルThe cell for optics
100μmガラス基板Glass substrate [Thickness:100um]
素材実績各種光学ガラス、青板ガラス、白板ガラス、アルミノシリケートガラス、合成石英等多種のガラス材に対する加工実績がございます。

ご依頼から納品までの流れ

1

お問い合わせ

お問い合わせよりご連絡ください。

材質、形状、数量、仕上がり精度、納期希望等ございましたらご記入ください。
もちろん、詳細はお打ち合わせにてご相談でも可能です。

2

担当者より連絡

ご依頼の材質に合わせ担当事業部よりご連絡致します。

 

3

お見積書の提出

お見積書の提出

詳細な加工仕様が確定したのち、メール等にてお見積書を提出させて頂きます。

4

ご注文

ご注文

ご注文書はメールまたはFAX等にてお送りください。

5

製造

製造

ご注文書のご発行を頂き次第、仕様に沿って加工を行わせて頂きます。

6

納品

納品

製品は配送業者を通じて納品させて頂きます。

ガラス研磨なら私たちにお任せください

ガラス事業部が得意とする平行平面研磨は、光学部品、測量機器、医療等の各分野に広く製品を提供しております。また、近年では種々のガラス基板に求められる平坦度や面精度の高度化が進んでおります。

弊社としましても、高い要求スペックに対応すべく技術レベルのブラッシュアップに取り組んでおります。