沿革

腕時計用カバーガラス研磨から次世代半導体研磨へ。

弊社は、1977年に腕時計用カバーガラスを研磨加工する会社として創業いたしました。
40年以上の歴史の中で、斉藤光学製作所は理想表面を追求し、ビジネスを発展させてきました。

1972年4月
埼玉県福岡町(現上福岡町)斉藤光学創設
光学用平行平面ガラスを生産 代表 齊藤登二就任
1975年9月
腕時計用カバーガラス生産
1977年11月
株式会社斉藤光学製作所(資本金100万円)とし、
法人組織 代表取締役に齊藤登二就任
1985年2月
資本金1,000万円に増資
8月
秋田県仙北郡千畑村(現仙北郡美郷町)に秋田県誘致企業として秋田工場完成
1988年4月
半導体用石英フォトマスク端面研磨加工の量産受託開始
1994年4月
代表取締役社長に齊藤伸英就任、会長職に齊藤登二就任
1998年4月
酸化物単結晶(デジタル画像処理用)量産受託開始
1999年12月
酸化物単結晶(デジタル画像処理用)研磨新工場完成
2005年5月
検査クリーンルーム設置完了
検査室環境クリーンルームクラス1000
検査室環境クリーンブース内クラス10
2007年7月
秋田工場新社屋完成
2008年10月
日刊工業新聞社主催 経済産業省後援08年モノづくり部品大賞、「奨励賞」受賞
2009年2月
3月
インターオプテックよりサファイア事業継承
群馬テクニカルセンター開設
2013年11月
群馬テクニカルセンター移転、秋田テクニカルセンター開設
2015年11月
秋田工場へ本社移転
2016年9月
新工場を増築 稼働を開始・秋田工場をガラス事業部、テクニカルセンターを結晶事業部に事業部名を変更
2017年12月
地域未来牽引企業に選定
2018年11月
平成30年度秋田県優良中小企業者表彰を受賞
2020年11月
はばたく中小企業・小規模事業者300社を受賞
2021年9月
代表取締役社長執行役員に齊藤大樹就任